マレーシアに移住する

マレーシアの不動産物件


主要エリアマップ
写真1

 マレーシアの不動産物件を選ぶ際、主要地域・エリア毎の特色を押さえておくと探しやすくなります。
 基本的に、「KLCC公園周辺」など都心部に近いほど利便性や将来の値上がり期待は増す一方、物件価格・m²単価はその分高くなります。同じ金額でより広い面積を求めるなら郊外エリアがお勧めであり、又、日本人が多い地域や日本人学校が近いエリアに絞って探す方法もあります。
(写真:クアラルンプールのシンボル「ペトロナス・ツインタワー」。大型モール「スリアKLCC」には伊勢丹、紀伊國屋書店が出店)

写真2

 更に、経済発展や人口増加と歩調を合わせ、鉄道路線の延長開発も各所で 進行しておりますので、新駅予定地周辺を狙う方法も有効でしょう。
  専門スタッフがお客様のお好みや購入後の利用形態などをお伺いした上、最適なエリア、物件をご紹介する個別コンサルティングサービスを提供しております。
(写真:「ブキジャリル」地区のコンドミニアムはクアラルンプール。中心街と比較して、グレードは同じでも割安感があります。)

KLCC公園周辺
クアラルンプールの中心地

 オフィス・商業施設・ホテルなどの高層ビルが建ち並ぶ、地価・物件価格が一番高い中心街。 投資にも都市生活にも最適な高級コンドミニアムをお探しなら、このエリアで。

詳細はこちら
ブキジャリル地区

KLCC公園から南に約1Km

 国立競技場やゴルフリゾート、国際医学大学などの高等教育機関がある郊外エリア。 私鉄延線の計画やコンドミニアムの建設が相次ぎ、“第2のモントキアラ”と目されるホットスポット。

詳細はこちら
スパンジャヤ地区

KLCC公園から南西に約18Km

 大学のキャンパスや公園が多く、日本人も多数居住。和食レストランの激戦区でもある。 私鉄延線に伴い新駅も建設予定で、投資にも居住する上でも将来性が高いエリア。

詳細はこちら
ページの先頭へ

ホーム | マレーシアに移住する | 会社概要 | サービス案内 | お問い合わせ

株式会社アップルハウジング
hosoya@apple-housing.com
〒651-1306 神戸市北区菖蒲が丘1-21-1
Copyright(C)2013 APPLE HOUSING. ALL RIGHT RESERVED